HOME > news > news20210430


ドラム式洗濯機シールへの圧力

2021年4月
 
竪型(トップロード)洗濯機とは異なり、ドラム式(フロントロード)洗濯機には、漏れを防ぐためのドアブーツガスケット(柔軟なベローズのようなシール部品)があります。それはどのくらいの圧力に耐えることができるのでしょうか?洗剤が多すぎると、シャボン玉や泡が過剰に発生する可能性があります。その質問に答えることなく、、より少ない洗剤を使用して、トラブルを避けなければならないことは明白です。
 
ドラム式(フロントローダー)のような高効率(HE)洗濯機は、泡抑制剤を特別に配合したHE洗剤の使用量を減らして、過度の泡立ちを防ぐように設計されています。一部の洗濯機は、圧力スイッチ(またはセンサー)あるいはモーター制御ユニットが過剰な泡が発生している状態を検出することによって(ドライブモーターの電流引き込みを分析することにより)、洗剤の使用量が多すぎることが検出されると、エラーコードが表示され点滅します。通常、泡を溶かすために本体を休ませることがユーザーに推奨される対応です。ただし、エラーは、排水管の詰まりによっても発生する可能性があり、これは、修理担当者が対応する必要がある可能性があります。残る解決方法は、洗剤の使用量を減らし、エラー発生を回避することです。