HOME > news > news20201002

冷水器の圧力測定

2020年10月
 
水を冷却するだけでなく加熱する給水器は、家庭やオフィスで歓迎される付加機能です。交換可能な貯水ユニットをキャビネット下部に搭載することで、重いコンテナを持ち上げる手間が省けます。ただし、底部搭載型では、水を供給するために重力を使用するのではなく、水を汲み上げる必要があります。容器の底から1m22cm(4フィート)の距離にある分配バルブへ水を移送するには、最低でも12Kpa(1.7 psi)の圧力を作り出す必要があります。そのため35Kpa(5psi) のポンプで十分でしょう。冷却ユニットは冷水を供給するためにデザインされたユニットの一部です。そのコンプレッサーの高圧側は1.6 Mpa232 psig)であり、低圧側は0.62 Mpa90 psig)です。対照的に、Samsungのスプリットシステム/ヒートポンプなどのエアコン用コンプレッサーの圧力、3.1 Mpa448 psig)および1.6 Mpa236 psigと比べるとかなり低くなっています。動作している冷水器に必要な圧力の大きな違いに注目するのは興味深いことです
 

 
底部搭載型冷水器

X